女性の傾向としては、男性より長生きする、 しかし1990年から2010年までの死亡率データを世界的に調査したところ、平均余命における男女差が縮小していることが示唆されています。

この研究は国連データの統計分析に基づいており、死亡率に影響を与える測定可能な要因に基づいて194か国を類似性の「クラスター」に分類した。

1990 年代の統計と比較すると、2010 年までにどの国のクラスターでも平均寿命は一貫しているか改善されています。また、死亡率における男女差も大幅に縮小しました。

世界平均で見ると、今日の女性は長生きする傾向にあります。4、5年くらいロシアなど一部の国では女性の方が男性よりも長いですが、10年近く長く生きることができる男性の対応者よりも。

なぜそのギャップが存在するのかは比較的不明であり、その一部はおそらく生物学的なものですが、個人の死亡率を決定する他の影響力のある要因があり、その多くは社会や環境の変化に依存します。

たとえば、南アフリカのような一部の国では、1990 年から 2010 年にかけて平均寿命が大幅に減少しましたが、これらの例外は主に、次のような地域的な要因によるものでした。HIV/エイズ 伝染病えぼらマラリア、戦争、飢餓。

世界全体の傾向が今後もほぼ同じままであれば、男女間の格差は2030年までにさらに縮小する可能性がある、とスペインのアルカ​​ラ大学とバルセロナ大学の研究者とオックスフォード大学の専門家は予測する。

これは高所得国と低所得国の両方に当てはまりますが、高所得国では時間の経過とともに平均余命が減少する傾向があります。

それでも、オーストラリア、ヨーロッパ、北米などの地域では、変性疾患が今後も主な死因であり続けるにもかかわらず、研究者らは2030年までに高齢者の死亡率が顕著に低下すると推定している。

日本、オーストラリア、および一部の西ヨーロッパ諸国は、今後数年間で長寿指標のトップに立つ可能性があります。

2010 年には、米国はそのトップランクの 1 つでしたが、研究者らは、2030 年までに米国が 2 位、さらには 3 位に転落すると予測しています。

薬物使用に関連した死亡者数は増加している恐ろしいレベル米国ではそれが将来の国民の健康の進歩を損なっている。

いくつかの見積り2029年までに米国ではさらに100万人がオピオイドによる死亡を経験する可能性があると示唆されている。

現在の予測は 10 年間のデータにのみ基づいているため、その推論は割り引いて考える必要があります。 たとえば、過去数年間で平均寿命は以前よりも伸びています。多くの国で失速するによりCOVID-19(新型コロナウイルス感染症、 とともに男性の平均余命に対する大きな影響レディースよりも、これは単なる一時的な出発かもしれない全体的な増加傾向から。

そうは言っても、この研究には関与していない医師科学者のブランドン・ヤン氏は次のように述べています。言ったチェン・リー新しい科学者結果は「と一致している」疫学的な傾向それは、世界の平均寿命が延び、時間の経過とともに男女間の格差が縮小することを示唆しているでしょう。」

主任研究者のデイビッド・アタンス氏らは数値を計算し、ほとんどの国で長寿傾向が将来も続くと予測している。

彼らは、2030年までに中南米諸国が高所得地域に次ぐ最高の死亡率指標を獲得する可能性が高く、特に男性の平均寿命の改善で顕著な成果が得られる可能性があることを発見した。

アフリカや中東など、近年病気、飢餓、暴力的な紛争、戦争に直面している国々では、男性の平均寿命も延びると予想されています。

対照的に、エリトリア、エチオピア、マダガスカル、ルワンダ、スーダン、タンザニア、ザンビアでは、社会経済的および政治的状況が改善するにつれて、主に女性人口の平均余命が延びるだろう。

中央アフリカ共和国、コート・ド・ジボワール、レソト、ジンバブエでは最悪の結果が予測されている。 これらの国々はいずれも戦争に巻き込まれ、過去10年間に社会的、経済的、政治的混乱を経験しました。

もちろん、これらはいずれも、今後数年間に生じる可能性のある新たな経済的、社会的、政治的発展を考慮したものではありません。

将来の平均余命の改善が実際に起こるかどうかは、時間が経てば分かるだろう。気候変動脅す何百万もの命高所得国でも低所得国でも。

この研究は、プロスワン